Language

Close

研究への専念

研究は世界の変更に発展している技術の倫理的でまじめな利用を確信する技術的なエコシステムへの道です。

ブロックチェーン技術が世界中に拡大するにつれて、技術の可能性を正当に評価ができなければいけないと考えています。 我々のホワイトペーパーとファクトシートは、ブロックチェーンのコミュニティの中で重要な疑問について触れています。

Ring Signature-Based Voting on Blockchain

Feb 07, 2020

Amid ongoing digitalization, the use case of electronic voting has naturally arisen, with attempts beginning as early as 2000. Blockchain technology has the potential to bring trust and built-in auditing tools to such systems. This paper presents a prototype of the system for collective voting.
It is based on blockchain and linkable ring signatures to ensure the transfer of closed (secret) data without the loss of reliability and with respect for the privacy of group members.

Token Standard for Heterogeneous Assets Digitization into Commodity

Jan 31, 2020

This paper, written in partnership with the Moscow Financial University at Government, the Skolkovo Institute of Science and Technology and the National Research University Higher School of Economics, describes the transfer of exchange investment mechanisms to the cryptocurrency and tokenized assets market. We propose an architecture of a new token standard, which allows dividing different assets into a commodity. The implementation of the prototype on the Ethereum platform is provided. An example of the token application on the banking system is also presented.

Fractional Reservation Based Mempool Processing in Blockchains

Jan 31, 2020

Massive traffic events that impact all the nodes in the distributed system may cause a Denial of Service (DoS). Managing DoS attacks is even harder in peer-to-peer projects because of multiple equal in rights nodes (miners
or maintainers) that communicate across the globe to secure the network. This paper, written in partnership with the Moscow Financial University at Government, the Skolkovo Institute of Science and Technology and the National Research University Higher School of Economics, describes a private blockchain project demo built on Bitfury’s Exonum framework designed to prevent DoS attacks in public blockchains without transaction fees and for private blockchains without any tokens.

ビットコインのマイニングと電気価格。新しいパラダイム。

Dec 10, 2019

In this article, Bitfury executive vice chairman George Kikvadze shares an update about the economics of bitcoin mining, showing that we are now in an era where the price of electricity outweighs the importance of the efficiency of hardware. Now available in Japanese, Korean and Chinese.

Bitfuryは企業のためにブロックチェーンを開始します。

Dec 05, 2019

本日、Bitfury Groupは、Exonum Enterpise部門の開設について発表しました。この部門は、Bitfuryが開発した有名なExonumというブロックチェーンプラットフォームに基づいて、チェーンテクノロジー分野で各種類のサービスを提供します。ブロックチェーンをサービスとして提供します。これは、政府機関および営利法人が独自のブロックチェーンプロジェクトを簡単に開発したり、導入したりすることに役立ちます。

許可型ブロックチェーンにとってのフレームワークで暗号トークンの作成

Dec 03, 2019

ブロックチェーンテクノロジーの応用分野は暗号トークンのみで限定されていません。例えば、国内登録の許可型ブロックチェーンは金融論理を含まないこともあります。しかし、暗号トークンの作成はブロックチェーンの使用の一般的な例で、性能評価のためによく使われている方法です。この記事には、Exonumを使用して、アカウント付きの暗号トークンの作成を説明します。Exonumはブロックチェーンアプリのために使われている開放ソースコードのあるプラットフォームです。パフォーマンステストを使用して、提案されたソリューションが実際の交通能力に相当していることを示します。提案されたアプローチは、 許可型ブロックチェーンおよびその基でのアプリの作成のために使われている開放ソースコードのある別のプラットフォームに暗号通貨を作るために使用できます。

Exonumで独自の暗号通貨サービスの作成

Dec 03, 2019

ゼロ知識証明は発展している暗号テクノロジーで、ブロックチェーンにとってたくさんのポテンシャルアプリが作成できるものです。Exonumはブロックチェーンアプリの作成のための開放ソースコードのある拡張可能なプラットフォームです。この記事には、ゼロ知識証明が、特に防弾、機密性向けのサービスを作成するため、Exonumに使用される方法を説明します。トークンの運転(概念証明)はExonumサービスによって実行されています。

郵便切手詐欺に対するブロックチェーン対策

Jul 16, 2019

12月2018年に発行したBitfury研究を継続するIEEEEにて発行される本研究。この記事では郵便切手の詐欺問題を話し合い、提案するブロックチェーン策の仕様と性能試験を説明する。

e ヘルスケアの中で複数のデーターベースの監視管理

Jun 26, 2019

e ヘルスケアのデーターベースを管理するアドミニストレーター向けの情報システム開発に関するいくつかの課題が上がり、議論する。このシステムがCPU, RAM, HDDなどの指数及び受信ユニットかクラスタをベースとし、データーベース能力の改善監視システムや予測機能を備えている。データー収集や処理、変換するのは開発チーム、製造チーム、データーベースの管理アドミニストレーターチームには現在課題に対する最新や明確、貴重である情報を展開する為である。データーベースの作動部分の重要条件は見えるか機能がある。複数要因が重なってきた上性能が悪化し能力が落ちるのを予測するアプローチを議論する。

ブロックチェーンを使ったスマートな電気系統

Apr 09, 2019

この記事ではBitfuryやその他の先行研究者がブロックチェーンを基にしたスマートな電気系統の管理を展開しやメリットとデメリット、本分野に関わるトラブルなどを議論する。

これらの組織に興味がありますか?

連絡先はこちら