Close

研究への専念

Bitfury Groupは、健全で安心なブロックチェーンエコシステムを構築するためには研究による技術力の工場が必要だと考えています。将来の全体的な技術向上のため、ブロックチェーン技術を取り巻く学術的な環境循環を促進し、コミュニティの安定性を確保することに努めています。

ブロックチェーン技術が世界中に拡大するにつれて、技術の可能性を正当に評価ができなければいけないと考えています。 我々のホワイトペーパーとファクトシートは、ブロックチェーンのコミュニティの中で重要な疑問について触れています。

ビットコインアドレス自動クラスタリング

Jan 04, 2018

このホワイトペーパーには、複数のビットコインアドレスの関係性を明らかにして、データのエラーを最小限に抑え、ビットコインアドレスのリンクをより正確にするための新しいソリューションについて触れられており、ビットコインユーザーのプライバシーを保護しながら、犯罪捜査のための使用が検討されています。

ブロックチェーンと次世代人工知能技術を融合させ、生物医学研究とヘルスケアの技術力の向上を目指す

Nov 09, 2017

BitfuryとInsilico Medicine Inc.の研究者によって研究・執筆されたこの研究論文は、ブロックチェーンと次世代人工知能技術を組み合わせて分散型個人健康データエコシステムとその市場を作り出す方法に焦点を当てて書かれています。

ブロックチェーンの監査性について

Nov 29, 2016

Bitfury Groupは、監査能力、否認防止などの正当なブロックチェーンの主なな特性についてのホワートペーパー「On Blockchain Auditability」を発表しました。 このホワイトペーパーでは、ブロックチェーンテクノロジーがブロックチェーンレシート、ブロックチェーンアンカリング、およびそれらの確認証明を含む一連のやり取りをどのように実現可能にするかについて説明されています。

Bitcoinでの共有送信のもつれ

Aug 24, 2016

このホワイトペーパーでは、「共有送信」トランザクションの際に発生するもつれに焦点を当て、混合スキームの使用・検出する方法について書かれています。まず、共有されるセンドトランザクションの大部分が不安定になる可能性があることが示されています。第2に、このもつれ課題に対する実用的な解決案と、それに関する関する計算実験の結果が書かれています。

Flare:Lightning ネットワークにおける経路制御へのアプローチ

Jul 07, 2016

このホワイトペーパーでは、Lightning Network上支払い用のハイブリッドルーティングアルゴリズムであるFlareについて書かれています。 この論文では、(1)ネットワークトポロジについての情報を格納するノードに対してのルーティングマップの事前対応アップデートと、(2)Lightning ネットワークの要求によって必要と判断された際に反応的な情報の収集を行う2つのアルゴリズムを組み合わせた方法を提案しています。 トランザクション処理の拡張性を最大化するビットコインブロックチェーン上のLightning ネットワークに対して、アルゴリズムソリューションをまとめ、テストする最初の試みとなっています。 この論文は、Olaoluwa OsuntokunとLightning ネットワークチームが共同で研究した結果、書かれたものです。

ブロックチェーンについて知っておくべき4つの事実

May 12, 2016

なぜ多くの人がブロックチェーンとそれを使ったビットコイン技術について興味を持っているのかを簡単に知る手段がこちらです。

パブリックブロックチェーン上のデジタル資産

Mar 15, 2016

この「パブリックブロックチェーン上のデジタル資産」という題のホワイトペーパーでは、パブリックブロックチェーンでデジタル資産を安全に保管および送信する方法について説明しています。ここでのデジタル資産とは、コンピューター技術とインターネットを使用して資産発行者が発行・及び保証してできる、特定のサービスまたは商品ことです。 BitFury Groupは、このホワイトペーパーを通じて、デジタル資産管理にブロックチェーン技術を使用すれば、世界経済がデジタル資産を次々に作成していき、それらを完全にオンライン上で管理することも可能だと考えています。ブロックチェーンによりが世界中の多くの人が新しいチャンスを得ることができると結論づけています。

ビットコインブロックチェーンセキュリティのためのインセンティブメカニズム

Dec 07, 2015

このホワイトペーパーでは、ビットコインブロックチェーンの安全性と不変性を実現する2つの主要なインセンティブメカニズムについて説明されています。主にブロック報酬と取引手数料のことになります。ビットコインブロックチェーンがネットワーク攻撃をブロックしたり、攻撃があってもそれを修正する復元力、新しいオフチェーンでの支払い方法などインセンティブの役割について記述されています。ブロックチェーンの支払い機能は、MtoMやIoTの分野での活用も期待され、導入が検討されています。
最後には、既存のビットコインアプリケーションと新しく登場するビットコインアプリケーションのトランザクション料金の変化についての見積もりを掲示しています。

パブリックブロックブロックとプライベートブロックチェーン

Oct 20, 2015

ブロックチェーンベースのソリューションは、特に財務分野および政府機関の主要な研究分野の1つになって来ています。これらの分野で現在使用されている技術は基本的に使われてからかなり時間が立っているものが多く、時代の流れに合わせるために新たな技術の導入が必要との意見が少しづつ出て来ています。ブロックチェーンを使った分散または非集中化されたデータベースを使うことは、現在抱える問題に対して最適な解となる可能性があります。タイムスタンプ付きの登録や、セキュリティ性の高い記録帳として使用の可能性が高いブロックチェーンシステムについて説明させていただきます。より高いレベルの分散化と透明性をもち、セキュリティも良いブロックチェーン技術を使用してデータにエンドユーザー(一般顧客)がアクセスできるようにすることで証明書発行等の作業が効率的になると主張しています。
ブロックチェーンのマイニング証明等の実装に繋がるマイニングとブロックチェーンのアンカリングの概念について説明します。

ビットコインエコシステムにおける投票プロセスの数学的形式表示

Sep 13, 2015

ここではビットコインエコシステムにおける投票プロセスの数学的形式について提案されています。 この形式によって全ての有権者に適切と考えられる特定のパラメータ(例をあげるなら、ブロックサイズ限界値など)のスコアをアルゴリズムを使って決定するのに使用することができます。 既存のシステムだと投票プロセスに曖昧な部分がありますが、ネットワークの残りの部分に条件を付与することで、その曖昧性を明確にしようとしています。 この問題を解決するために、非負satisfaction関数を導入し、すべての投票に合計した値を最小にする処理を行います。 このようにして見つけられたブロックサイズ制限値は、satisfactions関数が適切に選択をすれば、投票者にとってもクリアな体制を敷くことが可能になります。

これらの組織に興味がありますか?

連絡先はこちら