Close
Bitfury Tardis

Bitfury Tardis

Bitfuryの新しいエンタープライズグレードのビットコインマイニングサーバー

Bitfury Tardis は 韓国で製造され、韓国から出荷されています

主な特徴

最高クラスの効率性

Bitfury Tardisは最大80 TH/s (テラハッシュ毎秒)のパフォーマンスを保証し、ユーザーエクスペリエンスを向上しながらメンテナンスの頻度を軽減する新機能を持ち合わせています。Bitfury Tardisは、Bitfuryの新しい高パフォーマンスのClarke ASICチップを搭載し、完全にアップグレード可能なため、新しい世代のASICの登場に応じてハッシュボードが交換可能です。
Bitfury Clarke ASICはSHA256ビットコインマイニングに合わせて完全にカスタマイズされています。採掘速度(ハッシュレート)は秒あたり最大120ギガハッシュ(GH/s)を実現。ギガハッシュ当たりの電源効率は55ミリジュール(mJ/GH)

最高クラスの演算能力、生産性そしてアップグレード可能性

Bitfury Tardisは5~8枚のハッシュボードをホストできるなど、数種の構成が可能です。この追加の機能により、ユーザーは8枚のハッシュボードを使用して最大のパワー効率を実現したり、5枚のハッシュボードでASICによるパフォーマンスを最適化したりできます。Bitfury Tardis は小さなLED画面を提供し OrangePi へのアクセスを簡略化しているため、シームレスな操作とモニタリングが可能です。

概要

  • 最大パフォーマンス – 80 TH/s
  • 6Uサーバーラック
  • サーバーごとの消費電力は6.3 kW  
  • アップグレード可能な設計
  • パフォーマンスの最適化や低電力消費など目的に合わせて簡単に構成可能(5~8枚のハッシュボード)
  • 様々なコスト最適化プランに対応できる設定

Bitfuryのマイニングソリューションについての詳細をご希望ですか?

ハードウエア