Language

Close

Кацу Конно

日本代表 / 事業開発戦略顧問

Кацу Конно

ソフトバンクグループに約8年間勤務。ソフトバンク時代にはスプリント(米携帯電話事業者)をはじめ、600億米ドルを超える数多くの大規模M&A案件及びベンチャー投資案件に関与。2011年から2013年にかけては、米国および東南アジアにおけるソフトバンクのベンチャーキャピタル部門設立を主導。また、ARMホールディングス買収ファイナンスやアリババ株式を利用した資金調達等にも数多く携わった。その後2016年10月よりQUOINEに参画、現在代表取締役Head of CEO Officeとして取引所「Liquid by Quoine」の国内運営指揮を執った。